無駄毛処理はプロに任せるのが一番でした

私は父親からの遺伝のためか、とても毛深くて、中学生のころから悩んでいました。
高校生のころは、一番多感な時期。
夏になっても、制服は半袖のものが着られず、常に長袖で腕を隠していました。
足は、ハイソックスでできるだけ露出を減らしていました。
大学生のころから、毎日無駄毛の自己処理をするようになりました。
カミソリで毛を剃ったり、毛抜きで抜いたりしていました。
しかし、もともと肌が弱く、カミソリ負けをしたり、毛抜きで抜いたあとがぷつぷつと膨れたり。
肌が汚くなるのが悩みでした。
それでも、毛だらけの肌よりましだと思い、自己処理を続けていました。
しかし、毛抜きで毛を抜いていると、埋没毛ができてしまいます。
それを知ったのは、ずいぶん長く毛を抜き続けた後でした。
社会人になり、ある程度お金が溜まった時。
同僚たちが、脱毛サロンに通っていることを知りました。
いろいろ話を聞いてみると、効果もあるし、お値段も何とか手が出る。
私は思い切って、脱毛サロンに通うことにしました。
埋没毛が沢山あったので、脱毛には少し時間がかかってしまいました。

でも、何度も通ううちに、どんどん無駄毛はなくなっていき。
自己処理をしなくて済むようになり、肌は綺麗になりました。
今では、堂々と半袖を着ることができますし、足も出すことができています。
無駄毛処理は、プロに任せるのが一番だと思いました。
もっと早く脱毛に行くべきでした。